FC2ブログ

プロフィール

*ロータス*

Author:*ロータス*
アフリカ人+日本人の熟年夫婦です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

映画 『死刑弁護人』

 

 ※画像をクリックすると公式サイトへ飛びます。


題名「死刑弁護人」 
監督:齊藤潤一
制作国:日本

<あらすじ>

オウム事件、和歌山毒カレー事件、光市母子殺害事件等
世間を騒がせた事件の容疑者を弁護し続ける安田弁護士。

彼の私生活からなぜ死刑囚を弁護するのかまでを
綿々と綴ったドキュメンタリー。



いくつかの事件との関わり合いとか心情とか姿勢とか
そう言ったものを撮り続けたドキュメンタリー映画なので
あらすじらしいものも取り立ててないのですが
私はこの映画を観て、改めて疑問に思うことがありました。
それは、容疑者の刑を決める際に、その容疑者の今後の
更生具合を考慮すべきなのかどうかということ。

その犯罪を起こすまでに個々それぞれの事情を抱えているので
そこを考慮するのはわかる。
ただのお金欲しさの親殺しと矢板の実父殺し事件のような
追いつめられた末の殺人を同じ土台に挙げて判断するべきではない。

でもね、「この子はまだ若いからこれからいい人になるよ」とか
そういうこと言いだしたらキリがないんじゃないの?
たしかにそうなる可能性はあるけど、でもそれはそれで置いといて
今目の前で起こったことだけで刑を確定する方がシンプルだし
加害者・被害者含めて納得度が高いんじゃない?と思ったんですよね。

まあ法を犯して「自分の未来を考えてくれ」って言うのも
大概だよね、って感想も持っちゃったし。

もちろん世の中には冤罪というものがあるんだし
こういう活動をする人も必要なんだろうけど、この映画の中の
安田弁護士が刑を軽くしたい理由っていうのが上記のように
思えて、もしそうなら私は賛同出来ないな、と思いました。

判決って言えば、「エミリー・ローズ」って映画の中で
悪魔祓いをした神父さんに下されたやつが
信仰と法のどっちも尊重していてすごい落としどころだなと
感心したな。
やっぱりグレーにしておきたいことってあるものね。



スポンサーサイト

tag : 日本映画 死刑弁護人 安田好弘 齊藤潤一

コメント

Secret