FC2ブログ

プロフィール

*ロータス*

Author:*ロータス*
アフリカ人+日本人の熟年夫婦です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

ローカルルール。

今回ガーナの道路を車で走っていて、ちょくちょく目にしたのが
道路に落ちている草。なんというか、草むしりした後の草が
根っことか泥つきのまま落ちてます、という光景。

最初見た時には、トラックに積まれていたのが落ちたのかな?
と思っていた。でも点々と続いていて、その先にあったのが
故障車。そこで納得。なるほど、この草は発煙筒の代わりに
道にあえて落としてあるのか、と。
たしかに道路脇には草がこれでもかって生えてるもんな。

アクラだけでなくクマシに行くまでの道でも見かけたので
多分結構な広範囲でのローカルルールなんだろうけど
ガーナ人ドライバーの中ではこれは常識なのだろうか。
まあだいたいの人がわかっているからやるんだろうけど。
だって、50mとか100mとかの結構な距離に、きれいに等間隔で
置いてあるのよ。進行方向のみならず逆方向の路上にも。
草抜いて置いていくのも結構な手間だろうし、車の行き来も
激しいから気を付けないと事故につながる危険もある。

発煙筒がなければ草を置けばいいじゃないってその発想がすごいけど
そもそも誰が始めたことなんだろうなあ。
その人もまさかここまで浸透するとは思ってはなかったであろう(笑)
他の国でもこの手のローカルルールがあるのか知りたい。

話は変わって、ガーナの道路と言えば物売りが練り歩いているのが
日常の光景なわけだけど、その中に混じってベールをかぶった
イスラム系と思われる物乞いの子供たちがいる。
夫に聞くとニジェールから来ている人達なのだそうで、ガーナでは
良い暮らしが出来るらしいという噂を頼りに来るのだそうだ。
でもやっていることは物乞い。

たいてい数人の年端のいかない子供がいて、その中のひとりは
1歳に満たないのではないかという赤ん坊。
赤ん坊を抱いた母親は一緒に物乞いのために車の間を歩く人もいれば
ただ道に座っているだけの人もいる。
子供たちは軒並み信号待ちの車にたかる。

この光景の中に年頃の子供と父親らしき男性をみかけることはない。
そんな不法滞在の外国人に仕事があるのか?と夫に聞くと
日本同様ガーナでもガーナ人がしたがらない仕事というのがあるので
そういう隙間に入って働いているらしい。
で、夜になっても道路に寝ている姿はほぼみかけないので
どこかにねぐらはあるのだろうと思う。

ということは、まだ4、5歳くらいから8歳くらいの彼らにとって
朝起きて停止している車に向かって物乞いする行為が
仕事として定着している、と言える。
現に何もくれない車に悪態らしきものを発している少女もいた。
本来なら学校にいく年齢の彼ら。
こんなすれた生活をさせてどんな将来があるというのだ。
親ならそんな道端に座ってないでまず自分が身を粉にして働け、
と思うのは私が日本人だからだろうか。


スポンサーサイト



コメント

Secret

No title

物乞いをする子どもがいる国は発展途上国の証しだと
思っています。20年ほど前にはタイにも居たんだけど、
3年前に行った時はいなかった。政府が何かしたんだと
思います。無償教育が10数年ほど前から始まったと聞い
たので、その影響もあるでしょう。

アメリカも、良い生活を求めて南米の貧困層が歩いて
アメリカに来るのは定番の話。その数が増えて問題に
なっているから、トランプさんが壁作ろうとしている
んですよね。子どもに良い生活をさせたいと思うなら、
親が努力する姿勢を見せるのが一番と私も思うのです
が、やはりそれは日本人だからなのかな。

>mg

移住先になじんで治安も乱さず生産性もある移民なら
だれも文句言わないけど、それをクリアできない層が
多すぎるからこれだけ世界で問題になっているのよね。
ガーナもガーナ人の子には無償教育の門が開かれているから
差はどんどん広がるだろうと思う。