FC2ブログ

プロフィール

*ロータス*

Author:*ロータス*
アフリカ人+日本人の熟年夫婦です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

日曜生まれは着道楽。

先月ガーナに行った時に、ガーナドレスを4着作ってもらったという話を
書きましたが、同じ仕立て屋さんに頼んだに関わらず4着ともサイズが
微妙に違うものが届きました(笑)

作ってもらったのは、全部上下に離れたセパレーツタイプで
ロングスカートが3着と膝下の丈のが1着。
上半身はまあいいとして、下半身のサイズがすべてバラバラ。
仕立て屋さんの部屋を覗いてみたら、数人の女性が働いていたので
担当した人によって差が出たんでしょうね。
直せないレベルではなかったので、自分でちょっとずつ手を加えて
滞在中はそのまま着ました。今度行く時はリッパー持って行こう。

ガーナには男性の仕立て屋さんも女性の仕立て屋さんも
わんさかいるのですが、夫に言わせると女性よりも男性の方が
腕がいいと。
たしかに女性よりも男性の作った服の方が縫製が丁寧だと思います。
男性の中でも腕の良し悪しはあるので一概には言えないけどね。

でもね、私は女性服は女性の仕立て屋さんに任せるべきだと思う。
というのも、今まで女性の仕立て屋さん4人、男性の仕立て屋さん一人に
服を作ってもらったことがありますが、男性の仕立て屋さんは
女性の体の曲線がよくわかってないのですよ。
だから体にぴったりしたデザインであるほど、胸とかお尻の形があってなくて
変なところがでっぱっていたり小さかったりするのですよね。
特にアジア人の体型はガーナ人とは違うからね。

その点、女性の仕立て屋さんって多少胸が垂れ気味だろうが
お尻がなかろうが、それにあわせた形で作ってくる。
多分、男性と女性だと観察してるところが全然違うのだと思います。
まあ多少でかいとか小さいとかはあるのですが、ライン自体は
そう不恰好ではない。だから自分でも手直ししやすい。

一方、たしかに縫製は女性の仕立てたものって荒いです。
縫い目もまっすぐじゃないところとかある。
でも、1着仕立てて長いこと着る男性と違って、女性って
いつも同じ服着てるってわけにいかないでしょ?
だから耐久性に欠けててもそれほど問題じゃないのだと思う。

ちなみに、夫のクローゼットにかかっていたちょっとお高めの
民族衣装の仕立ての値段は200セディ、私が今回作ってもらった服の
仕立て値段が1着70セディだそうです。
夫の服なんて丸襟のほぼ直線だけじゃん。なにその値段、って驚いたら
胸元の凝った刺繍とかの縫製が技術がないと出来ないらしくて
その値段になるそうな。
これより安い人に任せると、やっぱりそこらへんがきれいじゃないんだって。
うちの夫、元々ガーナで仕立て屋さんだったので、そこらへんの腕の
良し悪しについてはうるさいです(笑)
私が唯一頼んだ男性の仕立て屋さんも腕そのものはたしかな人なので
腕の悪い人に頼んだからラインのおかしい服が出来てきた、という話でもない。

という話をガーナで夫と延々としまして(笑)、男性服は男性の仕立て屋さんに
女性服は女性の仕立て屋さんに頼むのが無難である、という見解で
一致しました。
あとは一概に女性って言っても、そこはやっぱり技術の差はあるわけで
自分が信用している女性がいつも頼んでいる仕立て屋さんに頼むというのが
一番トラブルが少ないかなとは思います。

余談だけど、ガーナでは日曜日生まれは着道楽な人が多いと
言われているらしい。この服にはこういう靴、こういう時計、
こういうバッグをあわせないとね、みたいな。
実際に夫の友人はこういう感じで(笑)、靴やら時計やらてんこ盛りに
もっているそうな。
夫の父も日曜生まれで、お金なくてもシャツを新調しちゃうような人
だったらしい。なんかわかるな~(笑)
義弟も日曜生まれだけど、これまた会う度に違う服着てる。

月曜生まれは?って聞いたら、Strict な人って言われてるんだって。
うちの夫と長男、まんまそれじゃん(笑)
火曜生まれは?って聞いたら、夫の姉や私なんか見てると
タイプ違いすぎてよくわかんないって言われた。そうか?(笑)




スポンサーサイト



コメント

Secret

No title

曜日生まれ占いがガーナにはあるのですね。日本の血液型
占いみたいなもんですか。服の仕立ては本当に腕の差が出
ます。うまい人は惚れ惚れするほど上手ですよね。私も
ミシンを時々出して縫い物をするので、分かります。そんな
私はとても下手なんだけど。縫い物も奥が深いなーといつ
も思ってやってます。

>mg

ガーナ人にとって自分が何曜日に生まれたかという情報は
とても大切なんです。名前にそのまま曜日名を入れる人もいます。
「○曜日生まれらしい」「らしくない」はまさに日本の血液型の感覚ね。

「大草原の小さな家」で娘達が服を手縫いで縫っているのをみて
ミシンがなかった時代はなんでも手縫いで作っていたんだよな、と
いうことに今更ながら気づいて、それからまかなえそうなところは
全部手で縫ってます。売るわけじゃないしね。