FC2ブログ

プロフィール

*ロータス*

Author:*ロータス*
アフリカ人+日本人の熟年夫婦です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

表現方法。

先日、車のバッテリーがあがることを英語で「died/goes dead」と
表現することを初めて知った。
なるほど、だから夫は日本語で「(車の)バッテリーが死んだ」という
言い方をしていたのね。まんま直訳だったんだ。

別に今まで車のバッテリーについて全然話題にのぼらなかったわけじゃない
けど、私と息子達は普通に「あがる」という言い方をしていて、夫もそれで
理解していたからそこで引っかかったことがなかった。
にしても、夫は「バッテリーがあがる」という日本語の表現も知っているのに
なぜそこで不自然な直訳をするのかな。謎だ(笑)

そもそも、なぜ日本では「終わる」の意味で「あがる」という言葉を
使うのだろう。
バッテリーがあがる、仕事からあがる、生理があがる、雨があがる、
すごろくであがる、etc.・・・

こちらのヤフー知恵袋の回答がとても興味深いなと思ったんだけど
「あがる=高い場所へ移動する=終わる」という意味が含まれているならば
その役目を終えた後も何かに繋がるイメージがあっていいなと思う。
少なくとも英語の「died」よりは好きだ。
と思うのは私がやはり日本人だからなのかな。

ちょっと話が変わるけど、英語の直訳に絡む話題でこんなのが
Twitterにあった。
外国人が日本語で「こんにちは」の後に「元気ですか?」と付け加える
というもの。思い当たる人はきっと多いと思う。

これは英語では「Hello, how are you?」が挨拶の定型なので、
それをそのまま日本語にしてしまうと「こんにちは、元気ですか?」に
なってしまう。
つまり、「元気か」と聞かれる日本人からすれば違和感ありまくりな
問いかけだけど、挨拶している外国人からすれば礼儀のひとつを
こなしているに過ぎない、という話。

これさ、日本語の上達レベルとか日本生活の長短とはまったく関係ないんよね。
日本人がどこにいようとも、つい「いただきます/ごちそうさま」って
言っちゃうのと同じ。
そう考えると、長い間かけて身につけた習慣を落とすのって想像以上に
大変なんだろうなって思うよね。


スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

分かるわー長年しみついた習慣はそう簡単に落とせない。

自分は死ぬまで日本人だな。と思ってます。

>mg

大坂なおみちゃんも、「I'm sorry」って言う時に
ちょこんって頭下げたり、仕草が日本人ぽいなーと思った。
ああいうのはお母さんから自然と身につけてるのかな?