FC2ブログ

プロフィール

*ロータス*

Author:*ロータス*
アフリカ人+日本人の熟年夫婦です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

アブリ山再び。

「 明日アブリの山に行くけど来るかい? 」

去年は車で連れて行ってもらったアクラが一望できる場所
今回はふもとから登ります。

もちろん行くよ!
私歩くの好きだし。運動靴もちゃんと持ってきたし。

ということで朝5時半出発、6時に現地のふもとに到着。
もう登りに来ている人達の車で道路の端はいっぱい。

うちはちょっと離れた空き地(?)に停めて、と。
ここ誰かの土地じゃないの?停めていいの?

「 でもみんな停めてるじゃん 」

ここらへんの人が土地買って駐車場作ったら大儲かりだね~

「 誰も金なんて払いやしないよ(笑) 」

こういうのが当たり前で育った人達が日本でちょっとUターンするのも
他の人の土地に入るのはNGっていうシチュエーションは
理解できないだろうなあ。

もとい、アブリ山ね。

山登りと言っても、そういう服装をしてなんか背負って、というのではなく
日本でいうところの箱根の山のマラソン道みたいなイメージ?
舗装された道路の端をひたすら歩きます。
だからみんなの服装もジムにいるみたいな感じ。

で、緩かったりちょっと急だったりという坂道を延々と登るのですが
ごめんなさい、坂道なめてました。
30分登ったらもうゼイゼイなんてもんじゃないですよ。
足よりも肺と心臓がやばい。

とりあえず初心者の私のペースでてっぺんまで1時間。
夫はいつも45分くらいで登りきるそうです。
今日は「目を離したすきになにかあったら危ない」ということで
私のペースで一緒に歩いてくれましたが、全然息切らしてないし
体は温かくなってないしで申し訳なかった。

というのも、歩いている道路は片側2車線の4車線道路なのですが
ふつうに車ががんがん走っていくのに加えて、歩行者から遠い車線で
走ればどちらも気を使わなくて済むのに、なぜか歩行者スレスレで
走っていくキチガイドライバーが多いんですよね。
道は空いているのにさ。
昔は週末だけは歩行者天国扱いになっていたらしいので
今もそれを復活させた方がいいと思う。

このウォーキングコースというのかクライミングコースというのか
結構人気が高くてテレビでも取り上げることもあるらしくて
会社の研修のようなイベントような感じで取り組んでいるところも
少なくないらしい。
同じTシャツ着てるグループがたくさんいたので、まあ会社の宣伝替わり
みたいな部分もあるんでしょう。
なんかのクラブのトレーニングかな?って感じの子たちも目立ちました。

でもね、走りながらさらに歌うたいながら登ってたりとかさ
結構なスピードなのにめちゃくちゃしゃべりながらとかさ
トランペット吹きながらとかさ、そういうのをアスリートでもない
普通の人達がやっててもうこの人達の肺活量どうなってんの?って
思ったよね。
なんか日本がアフリカに体力で勝てないのを実感した(笑)

ちなみに帰り道は全部下り坂。当たり前か。40分くらいかかった。
下りなんて楽勝じゃん、と思っていたら、さすがに40分も歩くと
足の付け根と足の裏側の筋肉が張ってきた。
しらずに勢いついちゃうから膝も気を付けないといけないだろうなあ。

道の途中で水もココナツも売ってるので、水分補給の問題はないけど
途中でトイレはありません。ちょっと用を足せそうな茂みもない。
ので、男はどこでも出来るからいいとして、女性は気を付けた方がいいでしょう。
てっぺんまで行くとお店があるので、頼めば使わせてくれます。
ちゃんとしたきれいなトイレだから大丈夫。

それとやっぱり山の上だから、立ち止まってると肌寒いのね。
なんか薄手でいいから長袖の羽織り物があった方がいいと思う。

ということで、初アブリ山終了。
登っている時はなんの拷問かと思ったけど、また登りに行きたいので
体調を見ながら来週か再来週チャレンジします。
今度は夫には先に行ってもらって自分のペースで頑張ります。


スポンサーサイト

コメント

Secret