FC2ブログ

プロフィール

*ロータス*

Author:*ロータス*
アフリカ人+日本人の熟年夫婦です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

映画 『アンデスの花嫁』


  

 ※クリックすると日本映画チャンネルの紹介サイトへ飛びます。


題名「アンデスの花嫁」
監督:羽仁進
制作国:日本

<あらすじ>
結婚してすぐに夫を事故で亡くし、女手ひとつで息子を育ててきたタミ子。
父親同士が知り合いだという上田太郎からの申し出を受け
息子と一緒にペルーに嫁いできたが、彼女が住むことになった先は
インディオしか住んでいない秘境ともいえる場所。

あまりにも日本と違うその環境に一度はめげるタミ子だったが
日本人村に住む佐々木の言葉や夫やインディオ達の姿をみて
ここに根を下ろす決心をする・・・



夫を亡くしてから5年、見たこともない場所の会ったこともない人に
嫁ぐ決心をしたタミ子さんはそれなりに辛い立場にいたのでしょうが
夫になる上田さんから送られてきた現地の写真を見て
多少なりとも夢も膨らんでいるわけです。
この日本を出て海外で活躍している人と海外で暮らす、みたいな。
まあその写真が半分詐欺みたいなもんだったんですけどね(笑)

意図に反して暮らすことになった場所では、インディオ達は
体を洗わないで不潔極まりないし、言葉は通じないし
畑は水がなくて不毛の土地状態もいいとこだしで良いとこゼロなんですよ。
こんなところで自分の子供を育てないといけないのかと
やっぱり悩むわけですよね。

で、ジャングルの方には日本人が固まって暮らしている場所があると
聞いて、そこに種を貰いに向かうんですけど、そこには懐かしい
日本の暮らしがそのままあったりするんです。
言葉も文化も食生活も。畑の作物もたくさん育って順調に見えるしね。
そりゃこっちで育てたいわって気になりますよね。

でもその中の日本人の「ここは人口の80%をインディオが占める
インディオの国なんだから、彼らが豊かにならないと
いくら日本人が作物作ったって買う人がいないんだ」という言葉を
聞いて思い直すんです。
嫁いできたあの土地でがんばろう、とね。

この映画はフィクションではあるんですけど、こういう日本人女性の
とりあえず輪に入ってみよう、とか馴染んでみよう、みたいな強さって
今でももちろんありますよね。だから女性ほどこの映画に共感できる部分は
大きいんじゃないかなと思います。
だんだんと受け入れられていく様子も日本人っぽいなーと思うし。

それにしても左さんがホント~~~に可愛い!
これで当時36歳ですよ。見えないよマジで。
日本からペルーへの移動手段が船だったっていうのにも時代を感じます。
そうだよねー、昔は大変だったよね~。
当たり前に飛行機で連れて行って貰える今は恵まれているんだなあ。


スポンサーサイト

tag : アンデスの花嫁 羽仁進 左幸子 日本映画

コメント

Secret

No title

私は彼女と似てるかも。海外にある母国コミュニティって
ラクではある。そこで完結している人もいる。私は現地と
日本、どちらのコミュニティにも片足ずつ入れて、バランス
取りながらソロソロ歩いてる感じかな。補習校でがっつり
教えてる時点で、立派に日本人コミュニティに入ってるよ〜
と言われたりもするけどさ。

>mg

映画の彼女は自分の国なのにさげすまれているインディオとか
彼らの暮らしを見て情が移っちゃっただけだと思う。
慣れれば悪い人達じゃないし。
多分インディオの暮らしがもう少しよくなれば
日本のコミュニティに帰るんじゃないかな。
話さなくてもわかる常識がもたらす安堵感ってあるしね。

この間会ったガーナの日本大使館で働いている人が
ちょうどmgと同じ立ち位置で向こうで暮らしているなと思った。
日本半分、ガーナ半分って感じ。
どちらにも近づきすぎない、離れすぎないでバランスよく
消化している印象でした。