FC2ブログ

プロフィール

*ロータス*

Author:*ロータス*
アフリカ人+日本人の熟年夫婦です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

糖質制限ダイエット。

先月、自宅の鏡で自分の後姿を見て愕然とした。


やばい・・・・
やばすぎる・・・・・・!!!



それはまぎれもなく正統な正真正銘の デブ だった・・・・


まだこの姿に甘んじるには抵抗があり(今まで気づかなくて
晒しまくってたけど)、ちゃんと瘦せよう!と決意。

でも多分性格的にダラダラやるのって無理なのよね。
まず継続的なことをコツコツが出来ないのだから。
テレビを見ていると、短期間である程度の効果が出るのは
どれも突き詰めていくと糖質制限になるようなので
それにチャレンジしてみようと。
炭水化物系カットのダイエットって、私が高校生くらいの頃にも
ブームがあってやってみたことがあるんだけど
確かにスルっと瘦せるんだよね。
でも今は中年なので目標は12月中に5キロ減ると
嬉しいなあって感じに設定。
とりあえず色々我慢するのは一ヶ月。その後は様子見て
決めようと思った。

で、炭水化物制限は息子達がやっているのを散々見ていて
すべてをいきなりカットは色んな面で挫折するなと思い
まずは朝と夜から抜いてみることにした。

朝、食べない。昼、普通にお弁当屋さんのお弁当を食べる。
夜、炭水化物系(米、パン、麺)を取らない。
その代わりに食べるのが大豆、豆腐、肉系と野菜。

最初の3日間は辛かったような気がする。
夜炭水化物を食べないと朝めちゃくちゃおなかが空くのよね。
まずそこがクリアするひとつの山。
そして最初の一週間~10日間はやや緩めにやっていたと思う。
甘めに調理された物も食べていたし、ご飯を食べない代わりに
おかずの量も多めだったと思う。
ちょっと魔が差して甘いデザート系やスナック菓子を食べてみたり。
でも味覚が変わっててどっちも全然おいしく思えなくてそれで懲りた。
脳内のデータもアップデートされたらしくて、それから欲しいとも
思わなくなった。

2週間たつと、昼のお弁当のご飯の量が多すぎて
食べるのが辛くなった。
糖質制限ダイエットって2週間が山で、それを超えると
炭水化物に対する欲求が消えるんだってね。
まさにそんな感じ。
ネットでケーキとかジャンクフードの画像とかみても
食べたいと思わなくなったし、逆に今まであんまり興味なかった
肉系の料理に食欲がそそられるようになった。
脳って学習するんだなあ。面白い。

それで3週間が過ぎて生理が来て、そういえば今回の
生理前は全然食欲の爆発とかなかったなーと気がついた。
いつもは食べても食べてもおなかが空くのに。
むくみとか体重増加もない。イライラがちょっとあるくらいかな。
でも普段のレベルよりは全然軽度。
生理前の食欲を抑えるには豆乳がいいっていうけど
ひたすら豆腐と大豆を食べていたからなんだろうか?

今3週間を過ぎたあたりで体重2キロ減。
まあ厳密に糖質を制限しているわけじゃないし
足を怪我してから運動らしいこと何もしてないし
(そもそもほとんど動いていない)、こんなもんかなあと
思っている。
とりあえずあと2週間続けて様子を見るつもり。

あんまりメキメキと体重が減っていないのに続けようと
思えるのは、夜に米系を食べないと体調がいいから。
前々から思っていたけど、やっぱりお米が体質的に
あまり合わないのかもしれない。
そういえば生理前も含めて便秘らしきものにも
悩まされなくなった。
空腹を放っておくと、時にガスでパンパンになってしまって
おなかが痛くて仕方がないという症状も出なくなった。
ジャンク食べなくなって腸内環境が変わったんだろうね。

今月はやたら忙しくて空腹と戦う暇すらないっていうのも
よかったんだろうし、何キロじゃなくて一ヶ月っていう
我慢期間を設けてしまったのも続けられた要因だと思う。
何か食べたくなっても一ヶ月後に食べようって思えるから。
あと確実に空腹に対して強くなったね。おなか空いても
以前のように「なにか食べなきゃ!」と思うことがなくなった。
痩せている時もこんな感じだったからこれはいい変化。

私は元々豆腐も大豆も大好きだから続けられるっていうのも
大きい。でも糖質制限自体はチーズとかマヨネーズとか
禁止されていないから、料理の仕方でどうとでもなるような気が
する。こういうのみてもダイエット関係なくおいしそうでしょ?


もうメニューに悩まない!糖質制限 激ウマ日めくりカレンダー(厳選41日分)


さて、この調子であと2週間がんばるぞー。
お楽しみはそれからだ!


スポンサーサイト



tag : 糖質制限 ダイエット

アフリカの写真集。

このサイトのリンク集の中の「 A DAY IN THE LIFE OF AFRICA 」。
以前はオリンポスが提供する写真集へ飛んだのですが
今はどうやら提供を止めたようで、全然関係ないページへの
リンクになっていました。

結構好きな写真群だったので諦めきれず
アマゾンで探して元の写真集を購入することに。


※アマゾンの販売サイトへ飛びます。

 


新品が欲しかったので、私がオーダーしたのは
Ergodebooks_Ships_From_USA というところ。
(上のオーダーサイトの「新品」という文字をクリックすると
取り扱い業者の一覧が出てきます)
頼んだのが11月初め。多分着くのは1月初めだよ、という
通知が来たので、のんびり待っていたら12月の初めに届きました。
思ったより早くて嬉しい。

で、これが例のブツです。

 


本そのものは新品様にとてもきれいですが
そのケースは日本だと中古として扱われるレベルで
ところどころ剥げてます。
これはケースそのものに対する考え方の違いかも。
そこらへんも気になる人は日本で扱っている通販先に
相談した方がベターでしょう。

 


表紙。

 


裏表紙。

 


中はこんな感じ。

 


 


 


 


プロのカメラマン達が撮っているので、写真そのものは
素晴らしいです。アフリカの人達みんながこんな風に
視線をくれたり簡単に笑顔で応じてくれるわけではないので
この写真を撮るまでに築いた信頼関係とかがあるんだろうなと
思わせるものもあります。
エイズ患者なんかの写真もあるしね。

が、結構なボリュームなので、一冊全部一気に
見るのはちょっとおなか一杯になりすぎるというか(笑)
うちの次男なんかは興味深そうに見てましたし
まあここらへんは個人差でしょうね。
そして彼はガーナの写真は一発でわかるらしい。

ちなみに、購入元のErgodebooks_Ships_From_USAの対応は
とても丁寧でした。節目ごとに状況を伝えるメールが英語と
機械翻訳的な日本語で送られてくるので、英語での対応は
一切必要ないし、トラッキングでいつ着くかもわかります。

まあケースはね。ご愛嬌の範囲です。


tag : A DAY IN THE LIFE OF AFRICA

気遣いマスターたち。

そろそろ12月も半分を過ぎ、今年もあと2週間となりました。
早いですね。
今年は10月くらいから「禍福は糾える縄の如し」という言葉
そのまんまの毎日を送っておりまして、でも私の気性からか
良いことは5割増し、悪いことは3割減くらいで判断している節が
あるので、今のところは「今年もいい年で終わったな~」で
年末を迎えられそうです。
ちなみに5割増3割減の部分は、その度に息子達から
「そのポジティブぶりはいい加減どうにかしたほうがいい」と
警告を受けております。

ところで、ここ一週間ほど足の親指をひどく負傷してまして
ずっと足をひきずっての移動だったのですが、そんな私が
視界に入ると「なんとなくスタンバイ」モードに入る方が
たくさんいらっしゃいました。
特に声をかけてくることはないのですが、もし何か困る状況が
起きたら手を貸そう的な雰囲気が伝わってくるんですよね。
とくに年のいった男性からが多かったように思います。
世の中は優しい人が多いんだなあ、と実感した出来事でした。

それともうひとつ感動したこと。
私の仕事圏内で、片側2車線から別の片側2車線に入る場所で
右折のポイントがわかりづらくて、いつも通っていないと
右折出来ない状況に陥る道路がいくつがあります。
先日もそんな場所を走っていたら、右折直前で自分が走っているのは
直進レーンだと判明してしまい、かと言って隣の右折レーンは
すでに渋滞に近い列・・・・
と、そこに突如現れたぽっかりとした大きな空間。
その後ろに止まっていたのは輸送用の大型トラック。

恐らくいつもこの道を利用されていて、こういう状況になる車を
たくさん見かけていたのでしょう。
その大型トラックのドライバーさんが設けてくれたその空間で
少なくとも乗用車3台は無事右折レーンに移動することが
出来ていました。

大型トラックのドライバーに道を譲ってもらった人は多いと
思いますが、ここまで配慮されているドライバーさんに
出会ったのは私はこれが初めてです。
空間を空けてあったとしてもだいたい乗用車一台分くらい。
(それでも優しいと思いますけど)
これが会社の教育方針なのかドライバーさん個人のセンスなのか
わかりませんが、素晴らしい気遣いだなあと思いました。
会社名がちゃんとわかっていたらサイトにご意見で書き込めるのに。
アルファベットに弱い私でごめんなさい。

殺伐とした中でも(だからこそ?)、ちょっとした気遣いを
出し惜しみしなければ、その分だれかが助かって良い気分を
味わえるのですよね。
今年最後に頂いた大切な教訓でした。



新大統領誕生。

ガーナの大統領選挙がとうとう終わりました。
私もずっと ghanaweb で追いかけていましたが
選挙区ごとの開票結果があと13箇所というところで
止まってしまい、そんなに広い範囲の場所なのかと
思っていたら、朝6時に夫から

「 おはよう、大統領決まったよ!! 」

と電話がありました。
選管が正式に結果を発表して現大統領のマハマ氏も
敗北を認めたそうです。

普段そんな電話のかけ方をしてこない、っていうか
向こうからの電話って結構高いので電話そのものを
してこないので、今回の結果でよほど興奮したんでしょうね(笑)

それもそのはず、彼は現政権が大嫌いで、クフォー政権時の
政策と手腕をかなり買っていましたから、クフォーさん自身が
大統領になることはもうありませんが(任期満了しちゃってるので)
その政党が勝ったということに非常に期待しているのでしょう。
まあマニュフェストで言っていることも「クフォー政権時代、
今みたいに苦しい生活になるなんて想像していましたか?」
的な内容でしたし、新大統領はクフォー政権下で大臣やっていた
人ですから、少なくともあの当時の水準には引き上げようと
思っているのでしょう。

ということで、ガーナの大統領はこちらのマハマ氏から




ナナ・アクフォ・アド氏になります。




完全ではありませんがこれが投票結果。




中間あたりを境に北と南できれいに分かれてますね。
マハマさんは北の方の出身だそうですから、そちらで支持者が
多いのと、北の方が田舎ですから停電とかが直接生活に
影響を及ぼさない、という面もあるのでしょう。
選挙前にそちらの方でいろいろサービスして支持率上げようと
がんばっていたという話も聞きましたし。
(というか首都部に近い方は同じ様なことをしようとしても
焼け石に水になるので諦めたのでは?と思ってます)

議員席数はこんな感じ。
残りがどう埋まるのかが見ものですね。






そしてこちらが今回の候補者の方々。
みなさまお疲れ様でした。




前回の大統領選が不正問題でかなり揉めたという点も
影響しているのかもしれませんが、アフリカの中の国で
これだけ大統領選に透明性があるのは実はすごいことだと
思います。
先日のガンビアの大統領選は選挙当日全然ネットが
繋がらなかったそうですし。
ガーナはこういうところ大事にしておいて欲しいな。

夫によると新政権発足は1月7日だそうです。
新しい幕開けになることを期待しています。


大統領選挙 in ガーナ。

なんとガーナに偽アメリカ大使館があって10年以上も
活動していたもよう。


偽の米大使館閉鎖、犯罪者集団が10年以上運営 ガーナ

(CNN) アフリカ西部のガーナで10年以上にわたり
運営されていた偽の米大使館が閉鎖されたことが
5日までに分かった。米国務省が明らかにした。

ガーナやトルコの犯罪組織が運営し、不正な手段で
取得した正規のビザ(査証)や偽造ビザ、偽の身分
証明書などを発行していたという。
犯罪組織のメンバーはガーナの汚職当局者と共謀していた。
首都アクラで週3日稼働していたという。

米国務省は、何人が犯罪集団によって発行された
書類で不正に米国に入国した可能性があるかに
ついては言及しなかった。

家宅捜査により10カ国のビザやパスポートが
発見された。偽の大使館に関する情報がもたら
された後、在ガーナ大使館やガーナ当局などに
より共同捜査が行われたという。

今回の捜査により、偽のオランダ大使館の存在も
発覚した。

偽の大使館はちらしや看板などでサービスを宣伝し、
ガーナや近隣諸国から利用者を得ていたという。

http://www.cnn.co.jp/world/35093227.html



チラシや看板って何が書いてあったんですかね?
そこめっちゃ気になる。

さてそんなガーナは昨日大統領選挙を迎えました。
現地にいる夫によるとただ今開票作業中で
テレビでライブでその状況を流しているとのことです。

朝7時から始まって夕方5時に終わった投票場では
前の日からこんな感じだったようです。




















最後のは自分が並ぶ代わりに物を置いて場所取りしている状況
らしい(笑)

なんにしろガーナ人のこの選挙への意気込みを感じますね。
日本でこんな行列って福袋か某携帯か某ゲーム機の発売くらい
じゃないでしょうか。

結果は明日の朝(ということは日本の今日の夕方くらい?)に
出るのではとのことなので、私も GHANAWEB を横目で見つつ
過ごすことにします。