FC2ブログ

プロフィール

*ロータス*

Author:*ロータス*
アフリカ人+日本人の熟年夫婦です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

DOOOOOONE!!!

前々から言っていた玄関の靴収納改造、
とうとう終わりました!
もう超満足。ちょっと改造の余地ありだけど満足。
コートも買ったし前から欲しかったオーブントースターも買ったし
夫のスープ用の蟹は冷凍庫の中だしもうすぐ中華おせちも
届くだろうし、あとは新年迎えるだけ。私の2015年は終わったぞー。

でも珍しくまだちょっと余熱が残ってるんだよね~。
おき火で味噌汁作れますみたいな?

そうそう、やることって言えば、以前書いたフェリシモの
アクセキット(?)が2ヵ月分届きました。
そもそも私がフェリシモを知らなくて勘違いしてたんだけど
あれって6個分まとめて届くんじゃなくて、6ヵ月くらいに渡って
少しずつ届くもんなのね。

それを知ったきっかけがフェリシモから届いたメールだったんだけど
そのメールの意味がわからなくてググったら、フェリシモって
すごいシステムの通販なんだってことをそこで初めて知りました。

だってさ、同じデザインのセーターとかカーディガン、白、黒、
チャコール、薄いグレーって4色も欲しいと思う?
普段自分が頼まない色を試してもらうのがコンセプトってのも
わからないでもないけど、この年になったら「絶対自分に
似合わない色」てのも自分でわかっているでしょうよ。

それもいつ届くかすら未定とか?自分の本当に欲しい色のやつは
品切れで届かないとか?おまけに一着一着がそれなりのお値段とか?
いやあすごい商売があるもんだと思いましたよ。

たしかにこのデザインの欲しいなっていうのは結構あるんだけどね。
でもこれ色違いで4着も5着もいらねーってとこでストップかかるんですわね。
全部いっぺんに届くなら仲間内でシェアってことも出来るんだろうけど
最低4ヵ月くらい待たないと全部揃わない、もしくはいつまで待っても
全部揃わないって状態ですからそれも難しいでしょうしね。

逆に私が頼んだような手芸キット系は評判良いらしいんですけど。
でも6個届いたらちゃんとオーダー停止されているか確認しないとなと
思ってます。







スポンサーサイト



理想の冷蔵庫。

「ちょっと秋葉原行きたいから付き合っておくれよ」
ということで夫と一緒に行ってきました。

何年ぶりかなあ~、秋葉原。
でもそこはすでに私の知っているかつてのそこでは
ありませんでした。
すごいね、今のアキバ。
どこの電器屋覗いても炊飯器と髭剃りとドライヤーと
あと細々した電化製品しかない。
それとストッキング。
昔ってもっと大型の電化製品とか色々あったよね?
いかに中国人の爆買いがすごいかってことが如実に
現れてますね。

夫は向こうに持っていくテレビとコピー機を買いたかった
らしいのですが、免税店を覗いても一向にお目当てのものが
見つからず、店員さんに「テレビあります?」と聞いてみたら
今は海外向けのテレビはどこにも売られていません、との回答。

なんでも、アナログと違ってデジタルテレビは各エリアで使われる
信号(?)の波形が違うので、日本のテレビが目的の海外で
使えるかどうかは向こうに持って行って試してみないとわからない
(日本国内でそれをテスト出来ない)、不確定なものを売れない、
ということらしい。なるほど。

ついでにコピー機はと聞いてみたら、日本語OS対応のしか
取り扱っていないので、と言われました。
まあ結局は自己責任で試してね、と言うことですよね。

夫の国はまだ完全デジタル化されていないようで
今でもアナログテレビで問題なく視聴出来るのですが
他のアフリカ圏ですでにデジタル移行が完了している国々は
ヨーロッパと同じ方式になっているようなので、多分夫の国も
そうなるのではないかなと思います。

でもデジタル化するってことはテレビだけじゃなくて
アンテナも変える必要があるってことよね。
今って、ちょっとお金持ちっぽい家は別なんだけど
普通の家っぽい外見の所は、家の外(庭?)に細い竹が
ながーく伸びてて、その先にアンテナらしきものが
くっついているんですけど、それが1つのおうちに何本もあるのね。
「なんで?」って聞いたら、テレビ一台につきアンテナ一本が
必要なんだそうで、つまりその竹を数えればそのおうちに
テレビが何台あるかわかるわけです。
デジタル化したらああいう味のある風景もなくなっちゃうのかしらね。
ちょっと寂しい。
(竹の上のアンテナが代わるだけだったりして?)

ということで、ちょっと肩すかしなお買いものではありましたが
以前から探していた型の中古スマホを見つけたので
行った甲斐はそれなりにあったんではと思います。
裏通り風なところにある小さなお店のおじさんからも色々話を
仕入れてきたし。
でも「電化製品買いたいからアキバ行こう」と今後言われることは
恐らくないでしょうね。



***************************



電化製品と言えば、近頃の電器屋さんで見かける冷蔵庫に
「日本製」というシールが目につくようになりました。
今一番のセールスポイントなんでしょうね。

たしかに電化製品買うならきちんとした日本製を買いたい。
もうね、ここ10年間くらいで買ってきた電化製品のちゃちいこと。
すぐにパーツが壊れていくんですよ。
やっと今までの在庫があちこちで捌けつつあるみたいな話も
聞きましたから、もうちょっとしたら色々買い直したい。

電器屋さんで冷蔵庫を見ていると、ドアに色々な設定機能が
ついているのですが、こういうの正直どうでもいいの、
私が欲しいのはドアをタッチしたらスケルトンになって
ドアを開けなくても中身が一望出来る機能なのよ、と夫に言ったら

「 一台100万くらい出すって言ったらメーカーが作ってくれるんじゃない? 」

それはちょっとめんどくさいな・・・・・
でも待って。
冷蔵庫の中に小型カメラ仕込んで、ドアの外に切り替えスイッチつけて
ドアに映像を映し出すようにしたら案外いけるんじゃない?
韓国の大型トラックにそんなのあったじゃん。

どなたか作りませんか。
アイデア料いりません。その代わり出来上がったら頑丈なの
一台下さい。


灯台下暗し。

夕方のニュースで放映されていた上野のアメ横の地下街の様子。
そこで売られている食材を何気なく見ていたら、生のティラピア発見。

私の中でティラピアって言ったら、ミイラのように乾燥した食材で
スープの中に入れると独特の強烈な匂いを放つアレですよ。
アレ、日本でしかも生で買えるんだ!?

びっくりして夫に話したら

「 え、日本でティラピア捕れるの?? 」

さあ・・・・・

「 ティラピアって日本名は何? 」

さあ・・・・・


そういや今まで日本で手に入れようと思った事すらなかったなと
気付き、今更ながらティラピアについて調べてみました。

ちなみに、私がテレビで見たティラピアは多分こちらのお店で
取り扱っている台湾産じゃないかと思います。

 上野アメ横センター「野澤屋」


で、話はティラピアに戻りますが、ググった感じ結果はこれ。

・日本名は「イズミダイ、チカダイ」
・ティラピアは日本でも温泉エリアで養殖されている
・お手軽な回転ずしの「マダイ」は以前はティラピアだった(今も?)
・冷凍の白身魚フライとして普通に流通している
・スーパーによってはイズミダイ、チカダイとして刺身で売られている
・暖かい地域によっては普通の川にもいたりする

最後のは、ティラピアって汚染に強くて獰猛なんで
水温が低すぎなければガンガンに繁殖していくらしいんですね。
その分本来の生態系も壊してしまうので、養殖するにしても
きっちり囲った状態が必要になるようです。
育てやすいらしいので場所さえあれば家の中で養殖も可能かも?

ということで、単に知らなかっただけで日本でも流通していて
かつ知らない間に口に入っていたものだったというオチでした。
「イズミダイ チカダイ 販売」なんかのキーワードで検索すると
結構ヒットしますね。
ティラピア自体が3種類くらいあるらしいので、産地によっても
味が異なるのかもしれません。
どれが一番向こうの味に近いのかな?


重曹沸騰水。

「よーし今週末は玄関の整理だー!」と意気込んではみたものの
粗大ごみの回収の関係で来週まで持ち越しになっちゃいました。
(今利用している靴箱は箪笥かってくらいでかいので)

しかし今週末、さらにこの持て余したエネルギーを無駄には
すまいと思い、キッチンの掃除を徹底的にすることにしました。
で、そこで登場するのが重曹沸騰水。

これ何年も前に知ってからすごく気になってはいたんですが
沸騰する一手間が何となく面倒で試したことがありませんでした。
でも今右手の調子がちょっと悪いので、あまり負担をかけずに
掃除できるならやってみようかなと。
うちのキッチン、息子達が肉ばっかり焼くもんだから
油汚れすごいしね。

作り方としてはいたって簡単。
1リットルの水を沸かして、その中に60gの重曹を少しずつ投入。
大きな泡が炭酸のようにぶわっとでてくるので、それが収まるのを
待って、出なくなったら火を止めて冷ますだけ。
大きな泡が収まっても小さな泡が出てくるんだけど
これは切りがないので終わるまで待たなくてもOK。

これをスプレーボトルに入れて、噴霧しつつスポンジなり
ブラシなりでこすったり布で拭いたりするのですが
たしかにあまり力を入れなくてもスルスル落ちる。
ある程度汚れを落としたら、乾いた布か濡れた布で
もう一度同じ場所を拭き取ればピッカピカ。すごい。

ちょっとベタベタしてるかな、くらいならスプレーして
すぐで落ちるし、うちのキッチンのようにタイルの目地があって
そこに汚れがあるような場合は、キッチンペーパーで
シップするようにスプレーした後、15分程度(キッチンペーパーが
乾かないくらいの時間)放置した後ブラシでこすれば
これまたきれい。

うちは「結構なベッタベタ」が主な汚れなので
スプレーしてすぐでかなりきれいに落ちたけど
換気扇が相当やばい、とか油汚れがそのまま焼けてる、
みたいな汚れなら、ごみ袋に漏れないように重曹沸騰水入れて
その中に汚れたものをぶち込んで半日なり一晩なり
置いておけばこれも結構いけるんじゃないでしょうか。
やったことないので推測ですが。

ちなみに去年は沸騰させてない、水に重曹を溶かした状態の
液体で同じように汚いキッチンを掃除したんです。
ぶっちゃけこれも「重曹・・・怖い子!」ってくらい同じように
きれいに落ちます。
でもこちらの場合、落とした後の処理がかなり面倒なんです。
重曹の粉がいつまでたっても残っているので、2度3度と後拭きが
必要なんですよね。
重曹沸騰水の場合これがないのが最大のメリットと言えましょう。
拭き切れていない場所は白っぽく残るのでわかりやすいしね。

我が家には市販の重曹スプレーとか激落ち君(?)みたいな
洗剤も常備されておりますが、こちらの重曹沸騰水はそれを
バージョンアップさせたような落ちぶりでした。
普段使いなら市販スプレー、ちょっと気合いれて掃除なら
手作り沸騰水と分けて使おうかなと思ってます。

重曹沸騰水を作る際に気をつけることは、アルミの鍋系は
黒ずむので使わないこと。泡が出てくるので水の量より
ちょっと余裕のある大きさの入れ物で作ること。
これくらいでしょうか。

今、我が家のキッチンはステンレスに顔が映るくらいピッカピカ、
どこを触ってもサラッサラスベッスベです。
この状態がいつまで続くかなー。



見通せる生活。

以前の予定ではとっくにまた母国に帰国するはずだった夫。
12月下旬に向こうに行っても、やれクリスマスだ新年だと
休みが連続するらしく、結局何も進まないだろうということで
予定変更。年明けに戻ることになりました。

と言うことで、色々と私の時間が削ぎ落とされておりまして
プラスただいま片づけの神降臨中なので
週末はひたすら物を仕分けして捨てて終わっております。

でもいいよね。物があるべきところに収まる姿って。
とりあえずキッチンと押入れのテコ入れが終了したので
残るは玄関の靴の収納。

これがまた数えてみたら一人頭10足くらいあるようなんですよ。
4人で40足。学校の靴箱かっての。
おまけにそのうちの3人分は一足30cm近いしさ。
そりゃいくら靴箱を片づけても玄関に靴が溢れまくりますよ。

夫は収納しきれないなら要らないのを処分すりゃいいんだと
言いますが違うんだよね。捨てたってまた買うから同じなんだよ。
根本的な原因は、収納箱が物の数に比べて小さすぎるのと
自分がどういう靴を持っているか把握しきれていないこと、
なんですよ。
だから同じような靴をいくつも買ってきて「あれ?」ってことになる。

把握しきれないのは簡単に靴を見られる状態にないから。
ということで、今ある靴箱を撤去して普通のスチールラックを
置くことにします。
これなら一目瞭然だからね。埃よけも作成しますよ。
夫は反対してるけど馬耳東風。

ここ一週間ほど玄関の寸法を測ってはホームセンターで棚を見て
ということを繰り返してテンション高いのモロばれなもんだから
週末になったら熱出すんじゃないかと長男に軽く心配されてます。
でもやっとカオスな玄関とおさらば出来るかと思うと
ワクワクが止まらないのよねー。
あーもー週末ちょー楽しみ。

本当は溢れない生活を目指したいところだけど
我が家にはそれかなりハードル高いんで
まずは見通せる生活を目指したいと思います。




You ain’t no Muslim, bruv!

「 You ain't no Muslim, bruv! 」

ロンドンの地下鉄の駅で起きた殺傷事件。
上記はその場に居合わせた人が犯人に向けて言い放った
言葉なんだそうで、それが動画として公開されて
いまやトレンドNO.1のハッシュタグになっているそうですね。
テロリストは問題だし怖い、でもムスリム=テロリストは
なんか違う、と何となくモヤモヤしていた層にぴったりはまった
言葉だったのでしょう。
キャメロン首相もこれ以上最適な言葉はないくらいに
持ち上げていましたし、イギリスはこの方向で対応して
行きたいんでしょうね。

ところで、私がこのニュースに目を取られたのは
「ain't」という単語のせいだったのですが、それについて
こんな記事を書かれている人がいました。

 
英語メモ: “You ain’t no Muslim, bruv!” バイラルになった短い叫びのもつ重み


私にとっての「ain't」は、やっぱり無教養の人達が使う言葉
というイメージがありました。
もしくはイキがってるヤンキーが使う言葉って感じ。
でも記事によると、17世紀から19世紀まではそんな括りはなく
通常の言葉遣いとして使われていたんだそうで。
「am not / are not」「has not」「do not」を兼用できていたって
いうそこらへんのファジーさが廃れた原因のような気もします。
英語ってなんか時間軸にうるさい言語っぽいじゃん?

ちなみにうちの夫に「ain't」なんて使っても全然通じません。

このイギリスの風潮とまったく正反対のことを言っているのが
ドナルド・トランプ氏で、実際トランプ氏がこう思っているか
どうかってよりも、これが今一番アメリカでウケる言葉である
っていうのをわかっているからこその発言なんだろうなと
思っています。
そういうところはやっぱり財を成した商売人ならではの
アンテナですよね。

ぶっちゃけトランプ氏に同調したくなるその心情もわからない
でもないし。
いい加減テロにも世界の警察役にも疲れてるよね、アメリカ国民も。

でも正直トランプ氏が大統領になるようなアメリカは終わりだとも
思うので、来年の投票までには理性を取り戻して欲しいものです。
アメリカ人がんばれ。



ちょっと早いけど。

昨日ラジオでかかっていたのを聞いて気に入りました。
Pentatonix の Little Drummer Boy。
こういうの聞くとクリスマスって感じがするよね。


 


Like father・・・・

そろそろ年末年始のお知らせを作ろうかと
こちらのイラストを借りて作成したら
それを見た長男に

「 なんで年末年始のお知らせにレタスがあるの? 」

と聞かれた。

これは松でしょ
なんで年末年始のお知らせにレタスを載せなきゃいけないのよ

「 いや、野菜好きなあんたのことだからてっきり 」

そんなフリーダム過ぎる発想いくらなんでも出てこないわ。
っていうかレタスなんか描いたら見た人みんなに突っ込まれて
めんどくさいっつーの。


同じ日の晩、夕食を食べた夫が

「 この肉と一緒に炒めてあるやつ大好きなんだ 」

あー、セロリね。おいしかったでしょ

「 え?長ネギじゃないの? 」

へえ~、セロリっていうんだ~って
私あなたの国でもセロリ見ましたよ

「 え? マジで? 」


2人とももうちょっと植物に目を向けようか。