FC2ブログ

プロフィール

*ロータス*

Author:*ロータス*
アフリカ人+日本人の熟年夫婦です

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア

WARNING-1。

この記事はブロとものみ閲覧できます
スポンサーサイト

お給仕係。

めっきり姿を見せなくなったニゴウ。
代わりにサンゴウが毎日ご飯を食べにきています。

このサンゴウ、ニゴウとは大違いでひたすら鳴く。
ご飯をもらえるまで1時間でも鳴き続けるという
つい「わかったわかった」と言ってしまうタイプ。
で、体もニゴウより一回り以上大きいし、鳴き声も大きいし
ずっとオスだと思っていたんですよね。
それも結構なおじいちゃんだと。
そして野良っていうよりも半飼いタイプっていうんですかね?
多分おうちはどこかにあるんだろうなーみたいな。

しかし、最近どうも授乳しているくさいおっぱいになってまして
おまえメスだったの?!と初めてわかった次第。
そっかー、デブじゃなくて妊婦だったんだね。
でもそれ差し引いても体格差がすごい。
種も違うんだろうけど、ニゴウは小さくて細いアジア女で
サンゴウはごつくて大きいオランダとかドイツとかのヨーロッパ女
って感じ(偏見込み)。

ということは、ニゴウはサンゴウに追い払われたか
他の縄張りに移ったってことなのかー。

それでこのサンゴウ、ニゴウと違って子猫を連れてきました。
もうやだかーわーいーいーーーーーーー。
ちっこいのが2匹、いっちょまえに警戒してやんの。
でも餌を置いてちょっと姿が見えないところに隠れると
即効食べ始めちゃうとこはまだ警戒心弱いよね。

すごいなーと思ったのが、子猫が一緒にいる時は
サンゴウは決して鳴かないこと。
声を出すってことは、敵に存在を知らせるってことだものね。
カラスとか色々警戒しないといけないし、めちゃくちゃ母親の顔してるなー
って感心してしまった。
サンゴウ用の器だと大きすぎて体を器の中にいれないと
食べられないから、子猫用にちょっと浅いやつ用意しないとな。

ところで、サンゴウに「ニゴウ元気?」って聞くと、伝えてくれるらしく
いつもその直後くらいにニゴウが餌は食べずに顔だけだしにきます。
相変わらず孤高に生きてるなあ。
でも「ニゴウ元気?」って聞かれる時のサンゴウって、絶対視線合わせずに
下向いて「ニャー」って一言返すだけなんだよね。
そこに女の世界の闇を感じる(笑)


とりあえずこれで。

夫が帰国しました。

もー、さみしいんですけどーーーーー!!!(逆ギレ)

ということでしばらく気を抜いて暮らそうと思います。
夫と一緒にいる間に減った体重もあっという間に戻るであろう。

ところで、今回義姉に洋服のお土産をもらったので
そのお返しどうしようかな~としばし悩んでいたのですが
なんとなくバッグを貰うとバッグを返し、服を貰うと服を返しっていうのも
アレな感じだよねってことで、今回は折りたたみの傘にしました。

日傘として使う人もいるよ、と夫が言うので、晴雨兼用のを探したのですが
ちゃんとしたものは高い。おまけに黒とかで可愛くない。
安いものは部品がちゃっちくてすぐ壊れそう。
夫と一緒に選びにいくと、まあエレガントではあるんだけど面白味のない
タイプばかり選ぶのよね。
私はどうせならカラフルできれいなやつが欲しい。
日除け効果は低いかもしれないけど、その方が差している時に気分が
あがるじゃない?

いくつかスーパーとかデパートを回って、金額ラインとしては2000円~
3000円が妥当かな、と目星をつけました。雨傘だけの使用なら
2000円で十分いいものが買える。
ぶっちゃけ良い物(高い物)をあげてしまうと、次のハードルもあがるので
それ以上出したくない。
日傘として使うかなあ?微妙だよな、と判断してUV加工済みの雨傘を
二人分購入しました。義姉とその娘の姪っ子用。
姪っ子は私がガーナにいる時になにかと面倒みてくれるベビーシッター的
存在だからそのお礼と前払いみたいなもん。

あときれいなガーゼタイプの大判のハンカチも一枚ずつ。
刺繍が入っているすごいオシャレなやつと迷ったんだけど、手洗いだから
皺になるだろうし、それにアイロンってなるとすぐ痛んじゃうだろうからね。
ガンガン洗ってガンガン使えるタイプの方がいいだろうな、と。
日本のハンカチは本当にデザインがきれいだし。

今回、どこまでをお土産をあげる候補にするかで迷いました。
夫にはあと二人姉妹がいる。ひとりは私とはたまーに会うくらいだけど
コミュニケーションなし。もうひとりは葬式でしか会ったことない。

姉妹だからなー、全員にあげるべきかなーとも思ったけど
今回は私自身が渡すわけじゃないし、そもそも貰った分のお返し要素と
お世話になったお礼のようなものなので、二人だけにあげると決めた。
今度行く時にハンカチなり適当なものを持っていこうと思う。

あと、傘を捜してフラフラしている時にたまたま見つけたこちらは
義弟の娘ちゃんに。少なくとも1年前はキティちゃん好きって言ってた(笑)
キティちゃんがブラウンで可愛いなと思って。

https://www.izumi.jp/kurume/shopnews/2019/05/27/post_3954.html


夫に見せたら「すごいいいね!」って反応だったけど、年頃の女の子って
好みがコロコロ変わるじゃん?特にイギリス住まいの12歳くらいとかさ。
だから「キティ好きだろ?ハイ」じゃなくて、まず「まだキティ好き?」って
聞いてから渡して、もう好きじゃないって言われたら私が自分で使うって
夫には念を押したんだけど、男親から男親だからもう絶対ただハイって渡すよね。
まあティーンの子が使っても可愛いとは思うけど。


15年後。

ちょうど15年前、他のブログでこんなことを書いた。


”天では男女は対になっていて丸いのです。
それが、天から地上に降りる時に、二つに割れて降りてきます。

大抵は、自分の片割れを見つけることが出来ずに
他の破片をもった相手と結ばれます。

でも、相手と自分の割れ目はぴったり合うことはなく
お互いが少しずつぶつかりながら、割れ目の調整をしていって
最後にはぴったり重なるようになるのです。”


当時、夫と出会って15年目、結婚して13年目。
まったく違うタイプの夫と私の破片がぶつかり続けて
やっとくっつくようになって楕円形らしきものが作られてきたかなあ、
と思っていた。

さて、そこからさらに15年がたち、最近はふたつの破片と
いうよりも、重なりあうふたつの円のイメージが強くなっている。
こんな感じね。





私の中に夫の部分が侵食しているというか浸透しているというか
真ん中の緑色の部分が年々増えている感じ。
そのうちふたつの円がひとつになってしまうのかどうかはわからないけど
今、夫がいなくなったら確実に私の一部、いや下手すると相当な部分が
欠ける。
それは今でも容易に想像できる。

次の15年後、私はどう感じているのかな。
ボケてなかったらまたどこかに書こう。


愛すべきボンクラ。

きのうはわたくしめの誕生日でございました。
キリのいい50歳。
長男に「やっと折り返し地点だな」って言われました。
彼のイメージでは私は早死にするタイプではないらしく
さらに不摂生な生活を送っているので、老後はボロボロな体で
100近くまで生きるらしい。
最悪パターンじゃないですか。じゃなくてもあと50年もいらん。

実は夫婦そろって誕生日を迎えるのってここ数年なかったことで
さらに「誕生日を覚える」という技をやっと身につけた夫なので
普通におめでとうと言ってくれると思っていたのですが
おそろしいほどに無反応。全力で忘れてる(笑)

仕事帰りに職場近くのお気に入りのインドレストランで夕食をとろうかなと
思って夫に声をかけるも「あんまりおなかすいてないな・・・・」って
反応だったんで、じゃあしょうがないかなって家に帰って
自分でカレーを作ることにしました。

キッチンにたって料理をしていると、「なにか食べに行くんじゃないの?」
と聞く夫。でもおなかすいてないんでしょ?と言うと「うん」って答える。

今日あのレストランでカレー食べようかなって思ってたんだけど
誕生日だからなんか自分の好きなものを食べようかなって

と、カレーを作りながら話してたら、夫の顔が ( ゚д゚)ハッ!  ってなって

え?きょうってみっか?え?みっか?え?ええええ?

ってバグって凹んでた(笑)

これから食べに行こうよ!って言われたんだけど、もう作り始めてるし
あそこのインドカレー食べると夫は夜眠れなくなる可能性があるんで
翌日早朝から大事な用事があるのにそれは不味いしってことで
また次の機会にまわすことにする。

ガーナなら絶対覚えてる!って言ってたけど、どうかなあ。
私のおでこに「今日は誕生日」って書いておかないと
思い出さない方に賭けたいな(笑)

ズッキーニ、ブロッコリー、玉ねぎ、ピーマン、鶏肉で作ったカレーは
めっちゃおいしかったです。辛口で作ったんだけど野菜の甘みが
すごくよくでてた。この組み合わせはトマトシチューでもおいしいはず。
夫も珍しくおかわりしてたよ。

ところで先週中国に行っていた夫。
中国から電話かけられなくて~とか言ってたから、素直に中国のSIM買えやって
思ってたんだけど、SIMは買っていたらしい。
でも Whatsapp とか Line とかのアプリが全然使えなかったそうな。
Whatsapp は夕方くらいにメッセージだけ送られてきていたから
多分ホテルの中のWifi 通せば大丈夫だったのかもしれない。
でも通話はNG。
普通の国際電話での通話は出来るけど、ガーナの携帯ってプリペイドだから
すぐに限度がきてそれも使えなくなったんだって。
まあ今アメリカとやいやいやっている国だから仕方ないよねって感じ。

その分の遅れを取り戻そうと(?)、もう一日中どこかしらに電話をかけて
いますが、そんな夫に「Google Translate」というアプリを教えてあげた。
カメラで撮って、その画像を指でなぞるだけで翻訳してくれるので
夫、驚愕の上に新しいおもちゃを与えられたように大興奮(笑)

日本から薬とか持って帰るから、それの用法とかわかるといいなと思って
試してみたんだけど、ちょっと箱の外側の説明書きは字が小さすぎるのか
中国語として捉えられちゃうのか翻訳文が怪しかった。
紙の説明書きの方はまだちょっとマシだったけど、普段みるのは箱か
薬ビン本体だからなー。
まあ知らない言語のメニューとか読むにも使えるし、携帯に入れとけば
便利なアプリであることは間違いないとは思う。

「 世界って狭くなったよね~ 」

って言う夫。たしかに遠いガーナの人と当たり前のように電話で
気兼ねなく話せる世の中になったものね。
そう遠くない未来に、スターウォーズの冒頭のシーンみたいに
立体の相手の画像が電話から出てくるかもしれないよね。